作り置きしておけば、すぐにいなり寿司ランチ!

お揚げを煮ておけば、すぐにいなり寿司ランチに!和食は難しいイメージがありますが、お稲荷さんはお揚げさえ煮ておけば簡単です。ただちょっとしたコツさえ覚えておけば、美味しいいなり寿司が出来上がります。

材料(4個分)

油揚げ・・・2枚

(煮汁)
出汁(水)・・200ml
キビ糖・・・・大さじ3
みりん・・・・大さじ3
醤油・・・・・大さじ2

(酢飯)
ごはん・・・・200g
すし酢・・・・20g

好みで、紅生姜、ごまなど

作り方

1 油揚げは箸で上を転がしてから、半分に切る。くっついている場合があるので、中を角まできれいに指で開く。熱湯で1,2分茹でる。

2 煮汁を作る。材料を鍋に入れ砂糖を煮溶かす。

3 油揚げを軽く絞って鍋に入れる。落し蓋をして煮汁が1/3の量になるまで中火で煮る。そのまま冷ます。

4 酢飯を作る。ごはんにすし酢を数回に加えて入れて、切るように混ぜる。

5 油揚げをギュッと汁気を絞り(4)を詰める。好みで紅生姜や豆、ごまなどをトッピングする。

ポイント

・焦げないように!煮ている間は気をつけて。味が均一になるように、揚げをひっくり返すといいですね。

・味は冷めていく時に浸透します。冷ましてからごはんを詰めてください。

・酢飯はご飯に対して10%のすし酢を使います。こうすると味がピタと決まります。

・酢飯を詰めたら上を開いて、トッピングするとビジュアル的にきれいです。

・煮たお揚げは冷凍できますので、一度に作っておけばいつでも使えます。煮汁は油揚げが隠れる程度に。200mlで3枚まで煮えます。

無料Ebook:脱コンビニ食!きちんとごはんの始め方パーフェクトガイド。

このEbookでは、
忙しくてコンビニや外食に頼りがち。
でもどうにかしたいと思っている方が、はじめの一歩を踏み出すステップをお伝えしています。

一番大変なのは、はじめの一歩を踏み出すこと。
その後の二歩、三歩はそう難しくはありません。
会社にお弁当を持参するレベルに到達できるのは、そう時間はかかりません。

そのはじめの一歩の、お手伝いができれば嬉しいです。