夏野菜の代表、なすの南蛮漬けはさっぱりと。

なすの常備菜が大好きです。夏に食べるなすって、どうしてこうも美味しいのでしょうね!今回、ご紹介するのはなすを南蛮漬けにした一品です。

材料

なす・・・2本
玉ねぎ・・1/4個

*南蛮酢
醤油・・・大さじ2
みりん・・大さじ2
酢・・・・大さじ2
ごま油・・小さじ2

青じそ・・2枚
すりごま・適量

作り方

1 なすは半分に切って、皮に斜めの切り目を入れる。食べやすい大きさに切る。ボウルに水をはり、入れる。玉ねぎはスライス。青じそは千切り。

2 南蛮酢を作る。材料を混ぜる。

3 (2)に玉ねぎを入れる。

4 なすを焼く。水を捨てて油(菜種、オリーブオイル、米油など)を大さじ1ふりかけて合える。

5 フライパンに入れて、焼き目がつくまで焼く。

6 南蛮酢に入れて10分ほど味をなじませる。

7 器に盛り付けて、千切りした大葉を乗せる。好みですりごまを散らす。

ポイント

・なすを焼いて、南蛮酢につける。基本はそれだけです。手順が多いと、めんどくさそうですが、基本はシンプルです。

・普通はなすを油で揚げますが、後片付けも大変ですので、オイルを絡めて焼きました。こうすると油の処理もしなくてすみます。

・ちょっとだけ塩をふってなすを焼くと、味が締まります。

・砂糖ではなくみりんを使うことで、まろやかで甘味が複雑になります。

・玉ねぎも美味しいので、たくさん入れても!

・薬味はネギ、ミョウガ、生姜などをトッピングしても美味しいです。

無料Ebook:脱コンビニ食!きちんとごはんの始め方パーフェクトガイド。

このEbookでは、
忙しくてコンビニや外食に頼りがち。
でもどうにかしたいと思っている方が、はじめの一歩を踏み出すステップをお伝えしています。

一番大変なのは、はじめの一歩を踏み出すこと。
その後の二歩、三歩はそう難しくはありません。
会社にお弁当を持参するレベルに到達できるのは、そう時間はかかりません。

そのはじめの一歩の、お手伝いができれば嬉しいです。