焼くだけで美味しい夏野菜。グリルのちょっとしたコツ。

さっと作れる夏野菜のグリル。夏野菜は焼くだけで旨味がギュッと強くなり、口の中に広がります。

今回はちょっとしたグリルのコツをお伝えします。

材料

なす・・・・・1本
オクラ・・・・3本
ミニトマト・・3個

レタス・・・・適量

オリーブオイル・・大さじ1
レモン汁・・・・・小さじ1

作り方

1 トマトは半分に、なすは2cmの輪切りに、オクラはヘタをぐるりと取り縦半分に、それぞれ切る。

2 フライパン(テフロン加工がやりやすい)に野菜を並べて、強火に近い中火で両面焦げ目がつくまで焼く。

3 オリーブオイル(分量外)を適量回し入れる。弱火にしてじっくり数分焼く。

4 塩をふり、火を止める。

5 好みでソースを作る。オリーブオイルとレモン汁をよく混ぜる。

6 お皿にグリルした夏野菜を高く盛り付けて、レタスを添える。好みでソースをかける。

ポイント

・なすはちょっと厚めに切ります。そうすると表面はカリッと、中はふんわりとした食感に仕上がります。

・グリルのコツはまず表面に焦げ目をつけて、じっくりと中に火を通すこと。油は後から足すこと。最初から油を使うのも美味しいのですが、油の味が強くなります。シンプルに野菜の味を楽しみたいときは、後からコクをつけるイメージで足してください。

無料Ebook:脱コンビニ食!きちんとごはんの始め方パーフェクトガイド。

このEbookでは、
忙しくてコンビニや外食に頼りがち。
でもどうにかしたいと思っている方が、はじめの一歩を踏み出すステップをお伝えしています。

一番大変なのは、はじめの一歩を踏み出すこと。
その後の二歩、三歩はそう難しくはありません。
会社にお弁当を持参するレベルに到達できるのは、そう時間はかかりません。

そのはじめの一歩の、お手伝いができれば嬉しいです。