本格的なラタトゥイユレシピ。

ラタトゥイユは世界で一番、作られている料理だとご存知ですか?

発祥は南フランス、ニースの郷土料理なのですが全世界に広がりました。これだけ広がった理由は2つ有ると思います。

1 作り方が簡単! 基本は野菜をトマトで煮込むだけです。素材も土地にあるもので作れます。

2 美味しい! 簡単でも美味しくないと広がりません。野菜のうま味をトマトが上手にまとめてくれます。夏野菜が主ですが、暑い時期には素晴らしい栄養補給料理になります。

ラタトゥイユのレシピはいろいろありますが、伝統的なレシピは野菜の組み合わせで、うま味の相乗効果を利用したもの。基本は夏野菜で作ります。

材料

トマト・・・・2個
なす・・・・・1本
ズッキーニ・・1本
パプリカ・・・1個
玉ねぎ・・・・1個
にんにく・・・1片

オリーブオイル・・大さじ1

作り方

1 玉ねぎはたてにスライス。パプリカは種を取り一口大に切る。なす、ズッキーニも一口大に切って塩を軽くふっておく。トマトは適当な大きさに切る。

2 鍋に潰したにんにくとオリーブオイルを入れて蓋をして弱火。

3 香りが出てきたら玉ねぎを加えてざっと混ぜて、蓋をして弱火。

4 トマトを加えて弱火の加熱。

5 トマトが煮崩れたら、ズッキーニとなすを加え蓋をして弱火の加熱。ズッキーニの種が見えてきたら出来上がり。

ポイント

・蓋をして弱火でじっくり、全体に火を通す。じっくりと加熱することで、うま味を引き出します。

・煮物は水を使うことが多いのですが、ラタトゥイユはトマトと野菜の水分だけで火を通します。野菜のうま味が凝縮された味になります。

・冷たく冷やして常備菜に。お弁当にもピッタリです。

無料Ebook:脱コンビニ食!きちんとごはんの始め方パーフェクトガイド。

このEbookでは、
忙しくてコンビニや外食に頼りがち。
でもどうにかしたいと思っている方が、はじめの一歩を踏み出すステップをお伝えしています。

一番大変なのは、はじめの一歩を踏み出すこと。
その後の二歩、三歩はそう難しくはありません。
会社にお弁当を持参するレベルに到達できるのは、そう時間はかかりません。

そのはじめの一歩の、お手伝いができれば嬉しいです。