グラタンは簡単に作れる!里芋の栗のグラタン。

グラタンが食べたい!と思って作った一品。グラタンはベシャメルソースを作ったり、素材を加熱したりと手間がかかるイメージですが、意外とシンプルに作れます。そう、この方法はフライパン一つで具を作り、オーブンで焼くだけなんです。具材をあるもので作れば、様々な種類のグラタンが作れます。

材料

里芋・・・2個
むき栗・・6個
長ネギ・・1/2本

・ベシャメルソース
豆乳・・・1カップ
米粉・・・大さじ1
塩・・・・小さじ1/4

チーズ・・適量

作り方

1 里芋は皮をむいて半月に切る。長ネギは斜めに切る。

2 フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2ほど。分量外)を入れて温めて中火で里芋を焼く。

3 里芋に焦げ目が軽くついたら弱火にして、米粉を加えて軽く炒める。

4 米粉が混ざったらすぐに豆乳と栗、塩を加えて混ぜる。

5 里芋に完全に火が通ったら、ネギを入れてまぜる。

6 耐熱容器に(5)を入れて、チーズをかける。

7 200度に予熱したオーブンで20分焼く。焦げ目がついたら出来上がり。

ポイント

・具材はあるもので。ちょうどむいた冷凍の栗があったので使いましたが、じゃがいもときのこ、ほうれん草などのある具材で作れます。

・米粉が焦げないように弱火にしてから全体に回します。小麦粉でも代用できます。

・粉があるので、豆乳はもろもろと固まりません。粉がないと塊ができてしまいます。

・和の食材には、玉ねぎよりも長ネギがおすすめです。時期的にも甘みが出てきますので、冬は使ってみるといいと思います。

無料Ebook:脱コンビニ食!きちんとごはんの始め方パーフェクトガイド。

このEbookでは、
忙しくてコンビニや外食に頼りがち。
でもどうにかしたいと思っている方が、はじめの一歩を踏み出すステップをお伝えしています。

一番大変なのは、はじめの一歩を踏み出すこと。
その後の二歩、三歩はそう難しくはありません。
会社にお弁当を持参するレベルに到達できるのは、そう時間はかかりません。

そのはじめの一歩の、お手伝いができれば嬉しいです。